2015年03月04日

"唐揚" by ワナナバニ園

今回お届けしますは、ワナナバニ園のナンバーで、私の書き下ろしの「唐揚」という曲。オーバードライブとモジュレーションを利かせた回擦胡と、ジュワっとしたファズベースをフィーチャーしたワナバニ流ロックンロール。



僕自身30年以上、ずっとオリジナルでトライアルのあるものを求めてきている一方で、ポップかつロック的な方向性も一つの芯として保っていますが、このバンド、個人的にこれまでやってきた中でも、トライがあり、ロック寄りであり、かつメンバーも技量があるという点でベストと感じています。実験性がありつつも、メンバー間で理屈をこねることが殆どなく、とにかくやってみようというのがこのバンドの良いところでもあるなと感じてます。音楽は、演ってナンボですね。そういった点でワナナバニ園は理想と感じています。
posted by 尾上祐一 at 12:28| 音源/映像2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする