2015年02月24日

ちまき売り(燒肉粽) by ワナナバニ園/尾上&Achaar

今回お届けしますは、台湾の古い歌謡の「ちまき売り(燒肉粽)」という曲。まずはワナナバニ園のバージョンから。ワナナバニ園、初のカバー曲です。



尾上祐一 - リボンコントローラー、熊田央 - ドラムス、
ALI - Fender Bass、種石幸也 - 5絃ベース

1940年代の終戦ちょっと後くらいの台湾歌謡が原曲で、1970年代初頭にテレサ・テンもラテン中華風なアレンジで歌っていた曲です。私は、そのテレサ・テンのバージョンをお手本に、リボンコントローラを始めて間もない2000年くらいからずっと演奏しており、独奏から様々な合奏フォーマットで演奏をしてきています。そんななか、このワナナバニ園のバージョンは、2本のベースが実に有機的に絡むグル―ヴィーなアレンジになっておりベストな演奏と感じています。先日、台湾のフェイスブック・フレンドにこの演奏が紹介されたところ台湾の皆さんの間で好評で多くのイイネを頂きました。我々のバージョンを"前衛搖滾版「燒肉粽」"と紹介していたのですが、どういう意味かと思いgoogle翻訳してみた所、"プログレッシブロックバージョン"とのこと。おお、なるほど〜。また彼曰く、台湾では誰でも知ってる曲とのことです。

次にご紹介しますは、パーカッション奏者の久田祐三さんとLeo Saiさんのお二人からなるAchaar(アチャール)をバックに演奏した物です。久田さんはダラブッカ、Leoさんトンバック、というそれぞれアラブ、ペルシャ系のパーカッションを叩いています。中華アラブ?とでもいえそうな(ってまんまですが、、)こちらもとても気に入っている演奏です。


尾上祐一 - リボンコントローラ
with Achaar:
久田祐三 - ダラブッカ
Leo Sai - トンバック
posted by 尾上祐一 at 13:01| 音源/映像2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする