2014年04月01日

"VOFR" 1988年、地下FM局のジングル

さて今度はかなり古いトラックをサウンドクラウドにアップしました。1988年11月、まさに昭和末期録音の"VOFR"という曲。当時やっていた地下FM放送局Voice of mini FM Revolutionのジングル。この放送局、半径数kmくらいをサービスエリアとしてカバー(受信側が高性能ならもっと)していました。私は幼少のころから放送局をやることが夢で、最初のうちはFMワイアレスマイクで放送ごっこ、って感じでしたが、次第にエスカレートして10代後半には自作ハイパワー送信機を作りアンテナもそれなりのものを立てて少々本格的(もちろんイリーガル)な放送局を開局してしまいました。80年代後半から90年代初頭にかけて不定期にやっていたのですが、当時住んでいた杉並は時期的に過激派により町内放送塔が電波ジャックされる事件や、オウム真理教がはびこったりという状況で、当局も監視を強化してたのでは?と思います。 が、とっつかまらず済みました。今考えると、ひ汗もんですが、気が付かなかったのか、、いや、なんだガキの火遊びか、、、と相手にしなかったのかもしれませんね。一方、当時私と似たように地下FM局をやっている友人がいましたし、他にも知らない人が地下FM局をやっている人がいました。そんな知らない人とうまくコンタクトとって会合し送信機の回路図を頂いたり、、、そんなこともちょっぴりヤバい思い出です。

その後、96年になると合法な音楽発信メディアとしてインターネットに飛びつくわけですが、いまや映像まで、しかもハイビジョンで発信できるようになるとは。当時思いもしませんでしたし、映像までやるのは自分には荷が重いと思ってたのですが、このブログや私のYoutubeをご覧のとおりここ5年ほどは映像製作(といっても殆どやはり音楽ものですが)にもかなり填まっています。

posted by 尾上祐一 at 12:54| 音源1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする