2014年02月24日

Dragon Factory

今回は、かなり久々に古い作品をお届け。1997年作の"Dragon Factory"という曲。



90年代半ば以降からしばらく、パソコンを手に入れたことでそれを使った音楽のウエイトが大きくなるのですが、特に音楽プログラミング環境のMax(後のMax/MSP)を導入したことで、自分で音楽のルールをプログラミングしてコンピューターに独自の音楽、つまり自分では浮かび付かないような音楽を生成させることに没頭することになります。その成果の一つがこの曲。ここでは12音技法からヒントを得た手法で音楽を生成させるプログラムを作り、そこから出てきた音楽をテクノ的に構築しています。12音技法の仕組みについてはこちらなどを参照して頂くとして、それにヒントにした僕の手法は、1つの音列とリズムから、その反行、逆行などのバリエーションをコンピュータで算術的に導き出し、それをカウンターパートに割り当てます。すると様々な複雑にメロディが絡んだパターンが発生するのですが、その無数にある組み合わせの中から自分でいい感じのものを取捨選択するという方法で楽曲の骨組みを組み立て、更に色々付け加えていったのがこの曲です。あくまで"12音技法をヒントにしたもの"という感じですし、この曲もそうですが時に使う音列は12音階でない、所謂旋法にそったものを利用し実験する事も有ったりしました。

話は変わって、このころインターネット黎明期で、それを通じて新しい音楽の仲間と出会うことも多くなるのですが、そんな中でサリガマ・オイル・ヴェンディング・オーケストラという流動性の即興演奏グループに参加します。このグループの演奏の録音物はサンプリング素材としての流用OKとのことで、この曲の中間部にその演奏がコラージュされています。ちなみに、いまでも時々ご一緒することのある狩俣道夫さんのフルートの音もちょろっと確認できます。もう17年も前のことなのですね。

なお、音楽プログラミング環境MAXをつかった楽曲は以前に"自由電子"という曲も紹介していますのでご興味あるかたはこちらもどうぞ。
http://torigoyasound.seesaa.net/article/87280238.html

それと今回ご紹介した曲をご覧のとおりSound Cloudを先月よりはじめました。新旧取り混ぜてアップしてゆきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
https://soundcloud.com/torigoyasound
posted by 尾上祐一 at 00:52| 音源1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする