2012年08月15日

ひだまり by カワセミハウス

夏休み真っ只中の本日は、映像配信。所属バンドのカワセミハウスの楽曲でこの季節にマッチした"ひだまり"という曲をお届け。



尾上祐一 - 回擦胡
山田朋秋 - 12弦ギター
小池実 - 5弦フレットレスベース
井谷享志 - ドラムス

6年程まえに回擦胡のために作曲し、独奏からバンドまで幾つかのフォーマットで演奏してきている曲のカワセミハウスによるバージョンです。タイトル通りの明るい曲ですが、このバンドでやることにより更に溌剌とした仕上がりになってると感じます。

現在のバンド活動に関して記してみますと、いま当方がメインでやっているバンドはこのカワセミハウスと、ベース×2+ドラム+自作楽器という編成のワナナバニ園の2つです。カワセミハウスのほうは結成4年半を過ぎ、元来からエスニックなオリジナル曲をやるというコンセプトで続けてきてますが、近年は山田さんがブズーキから12弦Eギターにスイッチし、さらに小池さんのベースが加わりロック・インスト度が増してきています。ワナナバニ園のほうはエスノ度はちょっと抑え、ドラマーがリーダーということもあり変則リズムの上を浮遊する変わったメロディ、という感じのアプローチを取っているのが特徴です。ご興味ある方は、この違いも楽しんで頂けたらと思います。

カワセミハウス ビデオリスト
ワナナバニ園 ビデオリスト

また普段自分が自作楽器独奏でやっているレパートリーをドラム&ベース程度の編成でやるという構想もあります。こちらは僕の自作楽器独奏を考慮して作ったオリジナル曲と、中東〜インド〜中華〜演歌なカバー曲をバンドスタイルでプレイするというコンセプトで、まずは今春にドラムの山本耕一郎さんとのコンビ、という形で実施しておりますが、近々ベース奏者を決めてバンドスタイルにしてライブ出来たらいいなぁ、なんても思ってます。
posted by 尾上祐一 at 21:06 | TrackBack(0) | 音源/映像2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック